インク模様でグレードアップ!ピンマイクデザイン面白Tシャツ

「絵」を「服」にしようと思った訳

リアルに描いたピンマイクが
Tシャツにデザインされていたら、
もしかしたら実際についてると思って
一瞬騙されてはくれないだろうか・・・

なんて思って去年(2019)の晩秋に作ったのが
超シンプルなピンマイクTシャツ。

気分だけはロケor番組出演中!ピンマイクTシャツ

もともと見たらすぐわかるドライTシャツだったんですが、
つい最近進化を遂げまして。

ドライTシャツの性能はそのままに、
見た目・肌触りはコットンTという
優れものになりました。

 

デザインはデジタルで描いたインク飛沫模様、
カラーはとりあえず4カラー作ってみました。

*インクアクアブルー*

   

まずは私の好きな色から( ̄▽ ̄)

鮮やかな水色が好きなので、それをメインに。
深い青から白までのグラデーションが
夏っぽいイメージもあってさわやかな色になりました。

パーカーにしろiPhoneケースにしろ、
とりあえず好きな色から考えるか、ってなった挙句、
いつも水色が最初に出来上がります。

・・・我ながら今回も気に入った色になった。

 

お次は、今回少しチャレンジ志向で考えました、
ニュアンスグラデーションカラーです。

*インク夜明け*

   

夜明け、朝焼けの少し前くらいの時間帯の
空の色をイメージしたグラデーションです。

闇の残る黒から濃紺、そこから
黄色やピンク、淡い水色などを織り交ぜた多色カラー。

ミステリアスな印象も加わって、
華やかなデザインの中に大人っぽいイメージも
加わったかなと思います。

 

お次は、桜シーズン(現在4月頭)だからこそ作りたくなったカラー。

*インクグラデーションピンク*

   

淡いピンクをベースに、
鮮やかなショッキングピンク、白の
華やかなグラデーション。

インク模様も相まってかなり華やかに
見えるデザインになったと思います。

春ってなんでか淡い色が
魅力的に見えてしまうんですよね。

水色が好きな私にも
ピンクがかわいく見える季節。

 

続いて、絶対安定だろうと思ったブラック。

*インクブラック*

   

白と黒だと色味がはっきり分かれるので、
よりインパクトのある印象です。

でも色はモノトーンなので、華やかな模様でも
決して派手には見えないと思います。

 

サイズのお話をしますと、これは
メンズにかなり近いサイズ感だと思われます。

【サイズ】

S 着丈65 身幅48 肩幅45 袖丈19

M 着丈68 身幅51 肩幅47 袖丈20

L 着丈71 身幅54 肩幅49 袖丈21

XL 着丈74 身幅57 肩幅51 袖丈22

 

最小サイズSを注文しましたが、
152cmミニマムの私には一回り大きく感じました。

ただ、162~163cmくらいの(おなじくミニマム)弟が
着ると、Sでちょうどよさそうでした。

生地は、冒頭にも少し書きましたが
ドライTの性能のまま見た目コットンです。

汗の速乾性、UVカットは顕在。
ドライT独特のメッシュ感がなくなり
カジュアルシーンでも活躍できる
Tシャツになりました^^

素材はポリエステル100%。

もともと、このメッシュ感から
弟に「パジャマにする」と言われ
それをカバーするためのインク飛沫模様でした。

メッシュ感はなくなっても
割とこのデザイン個人的に気に入ったので
このままいこうと思います^^

ということで、ここまでご覧いただき
ありがとうございましたm(__)m

もう何種類かカラバリ考えて
追加してみようかなと思っておりますので
よければお楽しみに^^

 

 

 

Distincloth*D.Dオリジナルショップ