最新の動画はこちら→入間銃兎の髪型&服装で駒田航さんのリアル似顔絵描いてみた

手作り

碧いろ工房

制作風景

レジンストーンで作る時はまず、元になる原型を粘土で作り、それをシリコンで型取ってから、はじめてそこにレジンを流し込みます。これがまた時間と手間のかかる作業なのです。レジンは本剤と硬化剤の量を間違えると失敗して廃棄物を量産する羽目に。試行錯誤、四苦八苦しながら、楽しんで制作しております。
碧いろ工房

使い方・注意点

レジンにも革紐にも、強い部分もあれば弱い部分もあります。保管やお手入れの仕方によって、何年も長持ちさせることができますので、ぜひ大切にしてあげましょう。革のひび割れや硬化、カビ、レジンの劣化や白濁を防ぐ保管方法を記載しています。
碧いろ工房

制作に込めた想いときっかけ

きっかけになったのは、派手嫌いでファッションにも疎い弟が、ネックレスほしいと言い出したこと。自分が何が好きでどういうのが欲しいのか、明確にわかってない弟にリサーチしながら模索していくのは骨が折れました。デザイン・機能性・そして素材にもこだわりながら練り上げました。
碧いろ工房

デザイン・機能性へのこだわり

綺麗でおしゃれ、かつ派手すぎない落ち着いたシンプルなデザインに、使いやすくて丈夫で長持ちする素材をとことん選んで作った手作りネックレス。品質に重きを置いて、エポキシレジン・本革の革紐・マグネットクラスプを採用。そして綺麗な自然の風景の色をイメージしたこだわりの青(碧)色にもご注目。
タイトルとURLをコピーしました