鬼滅の刃・累*リアルに描いてみた/色鉛筆

あけましておめでとうございました。
2021年明けてから一度も投稿していませんでした絵楽(えら)です。

最近めっちゃ焼肉食べたい。
なんでだろう(どうでもいい)

 

今回は、人気絶頂の鬼滅の刃から、美麗な少年を描かせていただきました。
十二鬼月・下弦の伍、累くんです。

綺麗な顔して怖くて強い、敵キャラですね。
私の弱小ブログ見てくれる方であれば、きっと私より鬼滅詳しいと思うので、細かい説明は省きます。

動画の中でもうるさく喋ってますが(文字が)、過程で気にしたこととか難しかった点などより詳しく書いておきます。

 

設定として、見た目年齢が具体的にいくつなのか知らなかったんですが、一応10~12歳くらいと仮定して描きました。

骨格的には大人に近づいてきていますが、まだまだあどけなさが抜けないような年頃ですね。

ちょうど、「綺麗&かわいい」を両立させた顔の表現ができる頃かと思っています。
13歳、14歳くらいになるともうだいぶ大人に近い気がするので。

 

ただ、このくらいの年頃のお顔は、年齢感を出すのがとてつもなく難しい。

完全に赤ん坊というわけでも、完全に大人というわけでもないので、かなり注意して描かないといけないんです。

比率的には頭の部分を広めにとること、あごは丸く描くこと
・・・って「やさしい顔と手の描き方」っていう本に書いてありました←

さらに、綺麗めに描きたかったので、目は切れ長で少しつり気味。
かわいめにしたかったので、鼻筋は短めにとりました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

絵楽(Ella)(@ella_oekaki)がシェアした投稿

下描き終えた時点で、私天才かもしれないとか一瞬だけ思いました。
一瞬ね。
まあでもそんなことはない。世の中そんなに甘くない。
このくらいのレベルに到達するまでに4~5年かかってしまった女なので。

 

髪の毛、真っ白しろだと影とかあんまり映らないのですが、それだと質感が描き辛いので銀髪に見えるように描いてます。
描き甲斐もないしね。

金髪とか銀髪とか、白髪(ホワイト)もだけど、淡い髪の色は毎度悩みます。
悩んだ末、少し暗めに描いてやりやすくする選択肢をとることが多いです。

 

そして累くん、かなり特殊な髪型してますね。
二次元あるある。

蜘蛛の巣みたいな形の血鬼術使うし、物語も「那田蜘蛛山編」だし、きっと蜘蛛の足のイメージなんだろう。

ただ、これをどうやって、髪の毛の質感で表現するかだ。

直線→丸・・・っていう表現は非現実的だけど、あんまりぼかしちゃうとらしさが・・・って迷った挙句、全体的にウェーブかかってる風にしました。
漫画の原作絵もそれに近そうだったし。

 

この投稿をInstagramで見る

 

絵楽(Ella)(@ella_oekaki)がシェアした投稿

それと。

鬼滅の鬼と言えば、目が特徴的ですね。
人間の白目の部分が白じゃないやつが結構いる。

こういう非現実的な色味って神秘的。
二次元だからこそ綺麗に見えるのかもしれないけれど。

累くんは特に、全体的に真っ白ではかなげだから、深紅とその補色・緑(まつげ)がよく映えます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

絵楽(Ella)(@ella_oekaki)がシェアした投稿

目を色付けると、下描きから印象がだいぶ変わりますね。

 

また、二次元あるあるなのが、
「男性キャラの唇に血色がない」ことです。

というか、唇に少しでも色付けちゃうと目立ってしまって、リップメイクしてるみたいに見えちゃうからですね。
だから、男性キャラの口はお肌とおんなじ色してます。

でも、それをまんま表現すると、なんかリアルに見えないのが難点。
ただ、今回人の形してるけど人間じゃないし・・・とか色々考え、かなり唇の色には迷いました。

結果、ブラウンに近いような暗めのピンクみたいな色に。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

絵楽(Ella)(@ella_oekaki)がシェアした投稿


より自然で、目立たず浮かず、かつ作り込んだ感を出さないよう目指しました。

 

最後に、着物ですね。
累くん、不思議な着方してるというか、着崩してるというか・・・

難しかったので、普通に着せました。
なんか、全部真っ白だと襦袢みたい。笑。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

絵楽(Ella)(@ella_oekaki)がシェアした投稿

↓↓完成↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

絵楽(Ella)(@ella_oekaki)がシェアした投稿

 

実は、描き心地のいい画用紙というのを未だ掘り当てておらず、また、色鉛筆自体もあまりちゃんと操れておらず、クオリティとしてはまだまだだなと思っています。

ま、ご覧のとおりですわ。

今使っている画用紙、表面がとてつもなく滑らかで目が細かいのはありがたいんですが、薄塗りしたときに芯のつぶつぶが残るんですよね・・・。

思うように濃淡が操れないので、どうしたもんかと壁にぶち当たってます。

まあ、こんな絵を描きたい!って思い立ってからずっと独学で、目の前に壁がなかったことなんてないので、今まで通り足掻いていく所存です。

私、理想が高い上にあきらめが悪いので。
いくらでもやってみせます。

ただ、人間の顔の立体は結構理解してきたし、綺麗に見えるポジションとかもなんとなく掴んでこれたと思うので、全く成長してないわけではなさそうです。

ではまた次回、お楽しみに。
じゃあねノシ

インク模様でグレードアップ!ピンマイクデザイン面白Tシャツ

リアルに描いたピンマイクが
Tシャツにデザインされていたら、
もしかしたら実際についてると思って
一瞬騙されてはくれないだろうか・・・

なんて思って去年(2019)の晩秋に作ったのが
超シンプルなピンマイクTシャツ。

気分だけはロケor番組出演中!ピンマイクTシャツ

もともと見たらすぐわかるドライTシャツだったんですが、
つい最近進化を遂げまして。

ドライTシャツの性能はそのままに、
見た目・肌触りはコットンTという
優れものになりました。

 

デザインはデジタルで描いたインク飛沫模様、
カラーはとりあえず4カラー作ってみました。

*インクアクアブルー*

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

distincloth(@distincloth)がシェアした投稿

まずは私の好きな色から( ̄▽ ̄)

鮮やかな水色が好きなので、それをメインに。
深い青から白までのグラデーションが
夏っぽいイメージもあってさわやかな色になりました。

パーカーにしろiPhoneケースにしろ、
とりあえず好きな色から考えるか、ってなった挙句、
いつも水色が最初に出来上がります。

・・・我ながら今回も気に入った色になった。

 

お次は、今回少しチャレンジ志向で考えました、
ニュアンスグラデーションカラーです。

*インク夜明け*

 

夜明け、朝焼けの少し前くらいの時間帯の
空の色をイメージしたグラデーションです。

闇の残る黒から濃紺、そこから
黄色やピンク、淡い水色などを織り交ぜた多色カラー。

ミステリアスな印象も加わって、
華やかなデザインの中に大人っぽいイメージも
加わったかなと思います。

 

お次は、桜シーズン(現在4月頭)だからこそ作りたくなったカラー。

*インクグラデーションピンク*

 

淡いピンクをベースに、
鮮やかなショッキングピンク、白の
華やかなグラデーション。

インク模様も相まってかなり華やかに
見えるデザインになったと思います。

春ってなんでか淡い色が
魅力的に見えてしまうんですよね。

水色が好きな私にも
ピンクがかわいく見える季節。

 

続いて、絶対安定だろうと思ったブラック。

*インクブラック*

白と黒だと色味がはっきり分かれるので、
よりインパクトのある印象です。

でも色はモノトーンなので、華やかな模様でも
決して派手には見えないと思います。

 

サイズのお話をしますと、これは
メンズにかなり近いサイズ感だと思われます。

【サイズ】

S 着丈65 身幅48 肩幅45 袖丈19

M 着丈68 身幅51 肩幅47 袖丈20

L 着丈71 身幅54 肩幅49 袖丈21

XL 着丈74 身幅57 肩幅51 袖丈22

 

最小サイズSを注文しましたが、
152cmミニマムの私には一回り大きく感じました。

ただ、162~163cmくらいの(おなじくミニマム)弟が
着ると、Sでちょうどよさそうでした。

生地は、冒頭にも少し書きましたが
ドライTの性能のまま見た目コットンです。

汗の速乾性、UVカットは顕在。
ドライT独特のメッシュ感がなくなり
カジュアルシーンでも活躍できる
Tシャツになりました^^

素材はポリエステル100%。

もともと、このメッシュ感から
弟に「パジャマにする」と言われ
それをカバーするためのインク飛沫模様でした。

メッシュ感はなくなっても
割とこのデザイン個人的に気に入ったので
このままいこうと思います^^

ということで、ここまでご覧いただき
ありがとうございましたm(__)m

もう何種類かカラバリ考えて
追加してみようかなと思っておりますので
よければお楽しみに^^

 

 

 

 

パリン…!!と聞こえそう!?銃弾(痕)デザインiPhoneケース

私の記念すべき(?)最初のオリジナルデザイン。
それこそ弾痕、こいつであった。

弾痕て、なんかかっこいいじゃないですか(圧倒的個人的主観)。

最初は、心臓撃ち抜かれてるみたいで
面白いかなと思って、パーカーにデザインしたんです。

そのあとiPhoneケース始めてから、
あれ、これケース撃ち抜かれてるデザインでも
面白いんじゃないかって思い至り、
同じデザインだけど作ってみました。

撮影の話になるんですが、これ
黒地だと本当に撮影難しい。

蛍光灯の映り込みは、ほかのケースも
かなり気を付けて撮ったんですが、
黒は特に目立ちます・・・

蛍光灯だけでなく、景色が
映っちゃうんですよね( ̄▽ ̄)

デザインの話自体はパーカーの
ところでもだいぶ喋ったんですが・・・

デジタルの絵に慣れなさ過ぎて、
かなり苦戦して描きました。

一度「できたぁ」と思っていざパーカーに
デザインしてみたら、
・・・あれ?背景消した方がよくねえか?
とか、
あれ、サイズの変更ってどうすんだ?
とか、いろんな問題にぶち当たり
最終的にもう一回描き直すっていう( ̄▽ ̄)

四苦八苦・試行錯誤の上出来た
思い出深いデザインです笑

そこから「こうした方がやりやすい・うまくいく」
というのを学んだので、まあなんでも
やってみるもんだと思いました。

ケースとしては、普通のハードケースです。
素材はiPhone5cで話題となったポリカーボネート。

表面はつるつるしたタイプで若干指紋が残りやすいですが、
私は眼鏡ふきや上着で時々拭いて使ってます笑

個人的にはあんまり気にならないです。

 

ということで、ここまでご覧いただき
ありがとうございましたm(__)m

対応機種は今のところ8種類ほど
用意できておりますので、
是非チェックしてみてくださいね^^

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

distincloth(@distincloth)がシェアした投稿

割れてる!デザインシリーズ【iPhoneケース】

 

 

 

南国ビーチのさわやかブルー*こだわりカラーのiPhoneケース

ちょっと間が空きましたが
iPhoneケースのロゴデザインシリーズ、
個人的に一番お気に入りデザインになりました。

それがこちら。

青系の色は幼い頃からずっと好きで、
それは成人してからも相変わらず。

南国の海のような、淡くて鮮やかな
色を目指してデザインしました。

淡いブルーと白の組み合わせが
まあ好きで好きで。
かわいい色のド定番の一つですね。

深い青から淡い青への
グラデーションもこだわりの一つです。

泡が湧き上がるようにちりばめたのは
実は小石。

ビーチの砂っぽいなっていうのは後から思いついたもので、
始めはただやってみたらいい雰囲気だったって感じです笑

ちょっと立体的に見えるように…というか、
奥行きが出ると思って、
透明度や大きさを変え、こだわってみました。

ここ最近は毎日、このケースで
マイiPhone持ち歩いてます。

正直何も考えず、思いつくまま描いたので
出来上がってから気づいたのですが・・・
真ん中のロゴが貝殻デザインなので、
海イメージの色とデザインに
よりマッチできたかと思います^^

 

ということで、今回はこの辺で。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

distincloth(@distincloth)がシェアした投稿

今月米津さんのツアーライブに参戦予定
だったのですが、コロナの影響で
延期が決定しました。
中止じゃなくてよかったんだけどさ。
気持ち的に煮え切らないよね。

ヒプマイのライブビューイングの
抽選にも申し込んでいるんですが、
ライブ自体今見合わせ中で開催されるのかどうか・・・
この調子だとなくなる気がして憂鬱です。

もうDVD買うしか・・・
(ひとつ前のライブDVDは予約購入済です)笑

 

 

 

 

 

 

 

ミステリアスブルーが魅力的*オリジナルiPhoneケース

自転車通をしていると、
「今日雨なんで休んでいいですか」
って連絡入れたくなります。

今日まさに土砂降りでした。
家に帰ると、家族から
「今日は雨だから機嫌が悪いな」と言われました。

だってさ・・・しょうがないじゃん?(駄々っ子か)

 

さて、今回お話しするのはこちら。

私の好きな青で考えたデザインです。

淡めのブルーに白のロゴは、色合いとしては
かわいいイメージになるかもしれないんですが、
ベースを黒にすることで印象が引き締まり、
かっこよさも加えられたかなと思います。

もやのデザインでミステリアスさも
演出できたらと思い、
最終的にこうなりました。

明るくて鮮やかな、こんな感じの
きれいな青って、映画とかゲームの世界で
神聖な存在の放つ光、みたいな
イメージがあるんです。

古より伝わる宝玉が力を発揮する時に
発する光・・・とか(厨二か)、
あれだ。リンク。
・・・じゃない、ゼルダの伝説Breath of the wild
に出てきた光の色って鮮やかな青だった気がします。

何族だっけ。目のマークの。

実況にハマって見てただけで
やってないから(できないから)、
細かい名前とか用語って頭に残ってないんです( ;∀;)

 

逆にもやのデザインは
まがまがしいイメージもあるから、
その対照的な色の組み合わせが、
ミステリアスなイメージとして
私の中でしっくり来たのかもしれない。

 

ほんとに、デザインする時は
私の好きなタイプで考えてしまうので、
それを「かわいい」とか「いいね」って
言ってもらえるのが嬉しいです(´▽`)

何か新しいことやるとすぐ見つけて
感想言ってくれたり、買ってくれたりと
応援してくれる友人に日々救われてます^^

それにもちろん、ショップで「いいね」ボタン
押してもらったときとか、
ショップをフォローしていただいた時とか、
ものすごくうれしいです。

 

進行速度はゆっくりですが、
まだまだいろんなものを考案していくので、
よければ楽しみにしていてくださいね^^

ということで今回はこの辺で。

 

 

 

 

夕日を連れてきたようなビビッドカラー*iPhoneケース

ロゴシリーズは、ふと気づけば
色にこだわってデザインしていました。

今回は夕日のイメージの
鮮やかなカラーです。

赤をベースに、白や黄色、オレンジ、
暗いところは紫を数色など、
たくさん重ねて作った色合いです。

嵐の前の夕日とか、
真っ赤で恐ろしいくらい綺麗ですよね。

あれを表現したかったんです(-ω-)/

ロゴは白の方がかわいかったので。

恐ろしいくらい綺麗な赤や、
グラデーションの紫、少し加えた
もやデザインがミステリアスな雰囲気に。

これもこだわりです。

やっぱり、かわいさや綺麗さも
不思議に引き込まれるミステリアスも、
両方欲しいなと欲張った結果です( ̄▽ ̄)

 

特徴としては、表面がつるつるしたタイプで
素材はポリカーボネートってとこです。

ポリカーボネートはiPhone5cの素材として
知られているかもしれません。

結構固い、頑丈な素材です。
形としては普通のハードケースだと
私は思います。

 

iPhoneケースも、眼鏡のように
着せ替えて使う文化が芽生えてきている
そうなので、私も便乗することにしました( ̄▽ ̄)

今日つけてるのは、
南国の海イメージの水色です。
(これじゃないんかい)

デザインのやりがいも上がります^^

ということで、ここまでご覧いただき
ありがとうございましたm(__)m

*アイテム詳細・対応機種はこちら

 

バリエーション、いくつかありますので、
是非ほかのデザインタイプも覗いてみてくださいね^^

 

 

 

 

 

 

かわいい!と好評~D-LogoホワイトiPhoneケース

D-Logoシリーズ第二弾、ホワイトデザイン。
こいつもiPhoneケースになりました。

ストリート風ブラックの派生版で、
ちょっとかわいくしようと思って白地にピンクを
使ってみました。

塗り足し部分も含めてのデザインなので
若干薄らいでいますが、左上と右下は
白に向かってグラデーションしてます。

黒地の時は白だったざしゅっと模様は、
ネイビーにしてあります。

ピンクと白、ピンクとネイビー、白とネイビー・・・
相性ばっちりな色ばっかり使ってます( ̄▽ ̄)

ロゴも白にしてくっきり見えます。
貝殻デザインのロゴは、かわいい系の
色味に相性いいかもしれませんね。

 

しゃれたロゴ作ろうと思って描いたんですが、
友人に言われるまでかわいいロゴだとは
思っていませんでした。

その友人がかわいいと言ってくれ、
気に入ってくれたデザインの一つです。

レスポンスがもらえるのって
本当嬉しいですね(T▽T)

 

機能性に関しては、正直
普通のケースです。

特徴は、表面がつるつるのタイプで、
デザインの色が綺麗に映えるように
こだわって選んだってとこです。

色の濃い部分があると若干指紋がつきますが、
気づいたら拭けば気になりません。

ファッションコーディネートに合わせるように、
ケースも着せ替える感覚で
つける時代になってきているようですね。

眼鏡が昔より安価で手に入るようになってから、
お洒落として身に着けるようになってきたように、
iPhoneケース・スマホケースも
おしゃれでコーディネートする・・・

この感覚が普及してくれたら、
私としてもデザインの考えがいがありますね(´▽`)

 

 

今のところ、対応できるのがiPhoneのみで
スマホのケースデザインは作れないのが
ちょっと残念ですが・・・

今回はこの辺で^^
まだロゴデザインのケース
紹介は続きますが、実はもう
次のデザイン案が浮かんでたりします。

お楽しみに(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

かっこいい×かわいいiPhoneケース*ロゴデザインブラック

ロゴシリーズは、最初にパーカー、
次に思いついたのがiPhoneケース。

試しに注文していたやつが届いたので、
自分の商品を自分でレビューしていきます( ̄▽ ̄)

黒地に白のざしゅっとデザイン、
明かりがともったようなピンクを
真ん中に据えた、D-Logo初弾。

ストリートイメージでかっこいいデザインに
したかったので、黒地に白模様を
軸に考えていきました。

ピンクは、かわいさをプラスしたかったから。
ピンク自体はかわいいショッキングピンク、
でも黒地と合わせると大人っぽいイメージになりました。

・・・まあ、単純にロゴが目立たなかったから
色を足したってのが本音ではあります笑

 

ケース自体は、表面がつるつるした
グロスタイプのハードケースです。

つるつるしてないマットタイプとか、
手帳型とかも選べたんですが、
デザイン上グロスタイプが一番
綺麗に見えるかなと思ってこれにしました。

ただ、特に黒い部分は人によっては
指紋が気になるかもしれないので、
服や眼鏡ふきで時々拭くといいかもしれません。

私はそんなに気にならないんだけど( ̄▽ ̄)

 

機能性としては、ごく普通のケースだと思います。
電源・音量ボタンやマナーモードボタンは
直接押せるようにあけてあります。

iPhone自体の厚み(薄さ)を
実感する程度の質感です。

私がこれ注文する前につけていたのが、
画面部分から落ちても直接当たらないように
設計されたケースだったので若干ごつく、
それに比べたら少し薄く感じました。

まあ落とす時はどのみち角から落とすし、
ぶつける時は画面に直接ぶつけるので、
全体をカバーしてない限り、ケース自体
機能性でおしていくことは不可能でしょう笑

素材はポリカーボネートです。
確か、カラフルなiPhone5cの素材として
使われてたものと同じですね。

私の初iPhoneが5cだったなあ。

 

iPhoneケースもいろんなのが出ていますから、
近頃ではケースをファッションコーディネートの
一部に考える方もいらっしゃるそうです。

今日のコーディネートに合わせて、
iPhoneを着せ替える感覚でケースを選ぶ・・・みたいな。

私も撮影用に注文して、6種類手元にあるので、
気分で付け替えていこうかと思います^^

 

それでは今回はこの辺で^^

他のロゴシリーズも順次紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

繊細なハートはわれもの注意!vol.2~オリジナルパーカー撮影会編~withマイフレンド

先日からオリジナルデザインの
パーカー・Tシャツを始めておりました。

こんなの売ってるで~って友人に報告してみたところ、
即購入してくれた上に撮影にまで協力してくれました。

持つべきものは友ですね。

結構撮ったので、たくさん紹介させてください^^
ちなみに友人にも掲載許可はもらいました。

 *友人のinstagram

 

身長170cm超え(゜o゜)
152cmミニマムの私は見上げて喋ります。

 

彼女不器用でメイクできないと言うので、
いつも会うとき普通にすっぴんで現れます。

 

でも元からお肌まっしろで
すっぴんでも別におかしくないくらい
めっちゃ綺麗なんですよね羨ましい。

 

一応、写真映り良くするために
カフェで私がメイク施しました。

 

 

加工してないのに光でとんでますが、
アイシャドウはブラウン+ピンク。

 

パーカーが黒だしクールめにしたかったので、
チークなしでブルーベースの真っ赤なリップ。

 

…私が出かけるときのメイクと
ほぼ変わんないんですけどね( ̄▽ ̄)

 

 

場所はいろいろ巡りました。

 

最近建物ごとリニューアルされた
バスターミナル兼ショッピングモールの中の
良い感じの壁使わせてもらったり。

 

無断だけど笑。

 

ベランダみたいなテラスみたいな
スペースで撮ってみたり。

 

 

かなり暗い曇天だったので
明るさなんかは加工です。

 

ちょっと歩いて路地に入ると
うお!ストリート!って感じの
落書き見つけたので借りました。

 

私が目線外しばかり気に入って選びがちな中
カメラ目線でもいいなと思った一枚↓

 

このショットなんか好き↓

 

もともと城下町の名残で栄えている街です。

 

なんか良い撮影ポイントないかな~って
お城付近まで足をのばすことに。

 

 

黒が映えるええ白壁や。

 

商品ページのトップに添えたのはこちら。

 

↑アングルも配置も気に入った一枚です(=゚ω゚)ノ

 

やっぱり足のばして正解でした(物理的にじゃなくて)。

 

年末だけど人も少ない、かつ
絵になるポイントで撮れました。

 

 

かわいい(´▽`)

 

 

楽しかったしここまでうまく撮れた~と思って、
調子に乗って「ちょっと歩いてみて」
とか言ったら撮るのめっちゃ難しかった↓

 

たまたま配置が良い感じに撮れたので◎
加工の雰囲気もよかろう。

 

ということで、友人お疲れ様でしたm(__)m

 

お土産渡したいと言ってくれてたのに、
一か月に二度会いながら双方とも忘れるという
おっちょこちょいな一面もあります。

 

次はカラオケ回な。
当たり前だが記事にはしないけどな笑

 

われもの注意パーカーは、デザイン開発裏側
…みたいな記事も書いてますので、気になる方はぜひ。
そういえば、あんまりいらない情報だけど
カメラはiPhone7です( ̄▽ ̄)
画質いいカメラが電話とともに携帯できるなんて
良い時代に生まれました。よかった。

 

というわけで!
ここまでご覧いただき
ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

ガラスのハートは取り扱い注意!(笑)…っていう面白デザインのパーカー

年明けてから一段と寒いですね。

しばらく布団干すのをさぼっていたので
ようやく洗濯して干したんですが…

休みの日に限ってあんまり晴れてくれなかったり。

取り込むのが一歩遅くなると
布団つめーたくなります。

悲しいですね( ;∀;)

さて、ここ最近増やそうとしてるのが
手描きオリジナル面白デザインパーカーです。

名前長( ̄▽ ̄)

今回描いたのはちょっぴり
くすっとなるような面白デザインです。

 

ガラスをイメージした透明感あるハートに、
われもの注意のシール。

 

今私が物流系の仕事をしているからなんですが、
梱包する時に貼るんですよねこれ笑

 

んで仕事中も「面白いデザインなんかねえかな」とか
考えてたらたまたまこのシールが目に留まって、
これいいじゃんって思いついたやつです。

 

本物のシールは見やすいように、
文字がもう少しがっしりしたフォントだった
かもしれませんが、こっちの方がおしゃれだったので。

 

ハートは、たかがハートと思って
なめてかかると難航しました。

 

少し立体的に見せるのとか
透明感のためにどのくらいぼかすのかとか
結構悩みました。

 

ここだけの話、描いてからだいぶ
消したり描き直したりを繰り返して
できあがったやつです笑

 

ちょっと儚げな透明感と
ハイライトのつやっと感にぜひご注目。

 

私のハートはヒビと不純物が混じって
こんな綺麗じゃないだろうな。
中から獣の毛でも出てきそう(意味不明)。

 

ハートだけだと女性が着るような
かわいい感じに仕上がってしまうんですが、
この真っ赤な「われもの注意」が
くすっとを誘うアクセントになるといいなと(=゚ω゚)ノ

 

ちなみに裏のフード下には
私考案のショップオリジナルロゴ入りです。

 

 

 

タイプは、
・スタンダードフードタイプ
・ジップ付き厚手タイプ
の二種類です。

 

こちらのジップ付きの方は
裏起毛でふわふわ。
色はブラックにしました。

 

厚みはほどよいくらい。

 

白の方がハートの儚さが際立つかと思い
はじめは白系にしてたんですが、
真ん中のもやっとした部分が消えちゃうので
黒にしなおしました( ̄▽ ̄)

 

スタンダードの方は、重ね着もしやすいので
日中一枚で着たり、寒くなったら上でも下でも重ね着したり。

 

ジップ付き厚手の方は冷える頃に
上から羽織っていただけたらなあと思います^^

 

いや、だからといって別に

これ二つを重ね着してくれとは言いませんよ笑

どんだけハートもろいのってツッコミもらいたかったら
あえて二枚重ねて着るのもありかもしれませんが( ̄▽ ̄)

 

これ、仕事行くとき着て行きたいな~笑
物流系は結構服装・アクセサリー自由なので、
こういうアイテムで遊び心加えて行っても
面白いかもしれません。

 

今の時期、気候と動きやすさで言えば
パーカーは万能で使いやすいですからね。

 

さ、もっと面白いデザイン考えて
ラインナップを増やしていきたいと思いますよ^^
かっこいい系もありだな~。

 

ではまた!

 

P.S 面白デザインのつもりで作ったんですが、友人や職場の人からは
かわいいと好評で、若干困惑しました( ̄▽ ̄)