最新の動画はこちら→入間銃兎の髪型&服装で駒田航さんのリアル似顔絵描いてみた

デザイン・機能性へのこだわり

碧いろ工房
この記事は約9分で読めます。

ファッションに興味がなく、服屋さんが苦手で、無難な格好をしがち。それでいておかしくない、多少おしゃれに見えるような恰好はしてたい・・・という我儘な私の弟の望みを叶えるデザイン。

そして、綺麗で丈夫で使いやすいこと。長く使えるものであること。
こだわったのはこういう点です。

ストーン素材

デザインのメインとなるストーンの素材は、「エポキシレジン」。

熱硬化性の樹脂で、耐水性・耐薬品性・耐候性・耐食性・電気絶縁性などに優れています。

強度な接着剤にも使用されている素材ですね。

詳しいことはよく知らんが凄そう(おい)。

カーボンファイバー(炭素繊維)の保護・接着にも使用されており、私の身近で言うとロードバイクに使用されています。※オーナーは自転車屋さんで働いてます。

makoto.h様作品 / 夜の横浜のサイクリング(ロードバイク)

カーボンフレームは軽くて、アルミ製の自転車に比べると振動吸収もしてくれる優れもんですが、フルカーボンの車体なんて25万くらいからしかありません。
ちなみに私はクロモリ(スチールの合金)ホリゾンタル(水平なやつ)がクラシカルでかわいくて好きです。ラレーとか大好き。でもこう言うと決まって「渋いねえ」と言われます。
そして「チタン(70万以上するやつ)は?」って続きます。誰が買えるか。

・・・話が逸れました。

よくハンドメイドアクセサリーでお手頃な価格で見かけるのは、UVレジン。

熱硬化性のエポキシと違って、紫外線(UV)ライトを照射して硬化させるタイプのものです。

腰痛めてひとつバイトやめた時、そこで良くしてもらった人に配ったやつ

私が友人の勧めで最初に挑戦したのもこのUVレジンだったのですが、気泡の扱いがひじょーーに面倒なのと、作れる形に少し制限が出てくるのが難点でした。

必ず、ライトが当たる一面が露出した型を作らなければいけません。

片面が平らなフォルムで作りたいならいいのですが、丸っこいものなどを作ろうと思うと難しい。

二つの型で挟んで成形(二面取り)ができなくてまあ不便。

そして何より、着色すると濁って透明度が失われます。

2色以上混色したり、白系とか混ぜると特に顕著になります。

せっかく綺麗にしようと思って染めると逆に安っぽく見えてしまうという悲しい現象に見舞われます。

友人に送ってみようかと試しに作ったピンク&黄緑のUVレジン勾玉があったのですが、見事に残念な感じになりました。

それに比べると、エポキシレジンの方はかなり透明度が高いのです。

深い色にしようと混色していくと、想像以上の鮮やかな色に仕上がってくれます。

初めて作った時はかなり感動しました。

そして樹脂なので、本物の天然石やガラス等に比べると軽い。

長い時間首にかけていても疲れないですし邪魔にもなりにくいです。

でも、UVレジンに比べると少しだけ重量があって高級感あります。

デザイン的にも機能的にもメリットの多いエポキシレジンですが、デメリットもいくつかあります。

まず、形になるまで固まるのに丸一日はかかります。

一晩ではなく、24時間くらいは待たないといけません。

制作過程写真

そして、成分が安定してしっかりするまで一週間はかかるようで。

まあ私はそこまで気長に待てないので、二日くらい経ったら加工し始めます。

ちょっと柔かったりしますが、別に支障は出たことないです。

それと、耐水性や耐候性には優れますが、紫外線には弱いそう。

当たり続けると白くなり劣化していくのだとか。

UVレジンはライト当てればその場で一瞬で固まるので、その分量産できたりします。

お値段もエポキシレジンに比べれば安価ですし。

ただ、UVレジンは黄色く変色していきます。黄変しにくい素材もあることはあるようですが・・・

エポキシレジンもUVレジンも、劣化するほどの使い方をしたり年月経たりの経験がないので、写真等をお見せするのは難しいのがなんとも説得力がなくて申し訳ないです。

私は「良いものを長く使う」方が、ひとつひとつの物を大切に、愛着を抱いて持てると思うので、多少お値段が上がっても良いものを作りたいと思っています。

軽くて丈夫で綺麗、そして成形する時デザインに制限の出ないもの、ということでエポキシレジンにたどり着きました。

ストーンのデザイン

デザインは、弟の感想を経て、名前のついてない抽象的なデザインを目指しました。

これがまたかなーーーり難しかったのです。

弟に試しに作って誕生日に贈ったものは、大小二つの勾玉でした。

弟ご希望の茶系の革紐に、鮮やかな青色・大きめの勾玉がみぞおちに下がるくらい。


それと、チョーカーより少し長めくらいの長さで二重にした黒の革紐に、小さめの勾玉をつけたもの。

長さの希望やデザインの希望がなにひとつ見えなかったので(多分弟も具体的には思いついてない)、手探り状態で完成までこぎつけたのですが・・・

まあ届いた瞬間、「どう使ったらいいのこれ」みたいな感じでした。

「長くね?」「勾玉って使いにくい」・・・と。

嗚呼。

長いのは、ああ思ってたのと違ったのかすまん、と。
でも勾玉使いにくいは想定外でした。

よくよく聞いてみたところ、明確に名前のついたフォルムは使いにくいと思ってるんじゃないか、と個人的にはその見解で落ち着きました。

川の中を転がって角の取れた、河原に落ちてる石のような不規則な丸っこいものも作ってはみたのですが・・・なんとなく、誰かが作ってそう(というか見たことある気がする)なものは私が作りたくなかったのでやめました。

最終段階に近い試作

最終的には、ちょっと昔の人が削って作った刃物のような、あえてごつごつした武骨な感じが残るフォルムになりました。

そして、私が最もこだわっていると言っても過言ではないのが、ストーン本体の「色」。

鮮やかで深みのある、引き込まれるような色に個人的にグッと惹かれるので、私の美的感覚に刺さる色を出すべく何度も試作を繰り返しました。

海や真夏の空のような、濃くて綺麗な真青を目指した「紺碧」。

撮影:私の父

上流の川の深いところに見える、緑がかった綺麗な碧を目指した「浅葱」。

撮影:同じく私の父

私が元々青や青緑が好きなのでこんなチョイスですが、男女限らず身につけられる色ではないかとも思っています。

是非こだわりの色を、眺めて光にかざして、そして身につけて楽しんでいただきたいです(^^)

それと、これからの話になりますが、季節限定の色とかも用意できたらいいなあなんて思ってます。

ネックレス素材について

はじめから弟が「革紐っぽいものがいい」と言っていた気がするので、金属ネックレスと迷うことはほぼなく革紐を選んでいました。

小さいチェーンの集まった金属ネックレスもおしゃれなのですが、恐らくファッション初心者・無難なもの選びがち・シンプル好きの派手嫌いにとってはちょっと華やかすぎるのかもしれません。

一歩間違えば「ちゃらい」印象も与えてしまいかねないですし。

革紐は、本革(牛)を使用しています。

合成の革だと劣化しやすく、3年程度しかもたないそうです。
・・・3年はちょっと早すぎるなあと。

本革ですと、時間が経つと劣化ではなく変化し、使い込むほど味が出て長持ちします。

お手入れして大事に使えば10年とか持つそうです。

そしてやはり、見た目としても艶があってストーンが引き立ちます。

革より落ち着いて見えるコットン紐を試したこともあったのですが、やはり耐久性の面で長持ちはしないでしょうし、ストーンが少しくすんで見える気もしました。

金属ネックレスほどの華やかさ、派手さはなく、落ち着いた印象に抑えられ、レジンストーン部分が引き立ち、さらに長く使えるよう耐久性を考えて、本革の革紐を選びました。

留め具(クラスプ)について

普段から積極的におしゃれしない弟のような者にとっては、恐らく「首の後ろで引き輪を引いて留める」だなんて高度過ぎてデート遅刻しそう(笑)

祖母がくれたけど一度も使ったことないネックレス

まあそれよりも、使いやすさに壁があるとそもそも使わなくなるなこれは、と思いました。

数センチのアジャスターがあり、多少長さの調整ができる方が、個々の身長やコーディネートを考えると合わせやすいのかもしれません。

けれど、身につけやすい気軽さ、手軽さを重視したかったので、長さは固定になりますがマグネット式のものを選びました。

一般的にハンドメイドのパーツ屋さんで取り扱っているマグネットクラスプは、平面の磁石がくっついて普通に留まり、引っ張ったら外れます。

初めは私もこれで制作していたのですが、自分で作ったものを使って出かけてみた時、ちょっと不安になる出来事がありました。

ーー私の家の周りは、バス停も駅も歩いて行くには遠く車を使う方が多いのですが、私は駐車が苦手なので、普段自転車で移動します。

働き先まで8km程度ありますが、普通にクロスバイクで通勤しています。

いつだったか、短いタイプの勾玉(自分用の試作品)を身につけ、肩掛け(斜めがけ)の鞄を提げて自転車で出かけました。

帰ってくると、あれ??ネックレスついてない??……もしかして落とした??
慌てて探すと、マグネットが外れて服の中でとどまってくれてました。
今回は大丈夫だったけれど、ちょっとこれは改善の余地ありだなぁと課題になっていました。

外れにくいマグネットクラスプを探し、まあなかなかなく…偶然、アクセサリーの修理等をされている方のサイト知ったのが「マグ・キュート」という名のクラスプでした。

留める時はマグネットが吸い付くように留まりますが、引っ張っただけでは外れない。けれどワンタッチで簡単に取り外すことはできる。

着脱のしやすさと、身につけた時の外れにくさを両立した、まさに神アイテム。初めて知った時感動しました。

こちらも少し値は張りますが、機能性・質を重視したいので選ばせていただきました。

全体デザインについて

レジンストーンと革紐の組み合わせでネックレスを作ってみて、思ったことがありました。

なんか物足りない…

これは、弟に勾玉作った時から少し感じていたことでした。
なんというか、悪くはないんだけど映えないというか。

そう思って、アンティーク風の金属ビーズを追加してみました。

鏡面仕上げできらきらしているものよりは、少しくすみがかったものの方がストーンのデザインにマッチするんじゃないかと。

派手嫌いの弟なので、嫌だと言わないか不安になり、ビーズ有りver.となしver.を両方作って尋ねたところ、有りver.の方が好きかなーと言ってもらえたのでよし。

金属ビーズは、天然石を販売されている京珠堂さんのものを使わせていただきました。
※状況によって仕入れ先・デザインが予告なく変更になる場合がございます。

革紐のエンドパーツと、クラスプと繋ぐ丸カンにはシルバー925製を選びました。

(※首の後ろで留めるところの細かい金属パーツのことです。)

一般的な真鍮製よりはアレルギーの発症しにくい素材です。

まとめ

こんな感じで、パーツひとつひとつをデザインやイメージ、機能性等にこだわってしっかり選んできました。

そしてフォルムや色などデザインに関しても、弟にリサーチしながら、私のこだわりも詰めながら…

派手に見えないけれどおしゃれに見える。丈夫で使いやすくて長持ちする。

これにこだわって練り上げてきました。

弟も、ちょっと面倒だったかもしれないけども、尋ねたらちゃんと答えてくれたので良かったです(笑)

ちなみにですが、梱包材に関しては、できるだけ廃棄の出ないもの&古紙などリサイクル品だけど品のある物などを選んでいこうと思っています。

かわいい梱包は魅力的ですが、あまり環境問題・ゴミ問題を助長するような行動はしたくないとの思いからです。

長くなりましたが、ご覧頂きましてありがとうございますm(_ _)m
またいろいろと投稿していきますので是非今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました