最新の動画はこちら→入間銃兎の髪型&服装で駒田航さんのリアル似顔絵描いてみた

制作風景

碧いろ工房
この記事は約4分で読めます。

散らかった机や物の詰まった棚なんかを写さないように撮るのが難しかったので、見づらいかもしれませんがご容赦くださいませ(汗)

原型づくり

最終的に作りたい形を、まずは粘土でこしらえます。

使う粘土は、石粉粘土。

粘土とスポンジやすりと彫刻刀

粒子が細かく、紙粘土などと違い、乾燥した後も加工ができます。

ごつごつ感を出すために、彫刻刀を使いました。

彫刻刀で彫ったあと穴空いてる時は、100均に売ってる壁の穴埋めパテとか使って埋めることもあります。

また、乾燥した後ひび入ってたりするので、やすりで削ってならします。

私の場合はのちのちカッターも使うので、ここで作るのはおよその形です。

シリコン型づくり

さっき粘土で作った原型を、シリコンで型どっていきます。

真ん中でぱかっと外せるように二面でとっていきます。

シリコンを量り、硬化剤を注入。
そしてしっかり混ぜます。

暑いと結構早くシリコン固まるので、なかなか気泡が抜けないことも。

・・・まあ、早く固まると言っても半日近くはかかるんです。

場所があれば冷蔵庫とかで時間かければ気泡も抜けるんですが・・・

食品入れてるとそういうわけにもいかないので、それ用の冷蔵庫買わないといけないかもですね・・・

そして、二面取りなのでもちろんこの作業は表裏の二回やります。

結構時間がかかります。

シリコン固まり待ち

そしてできた型がこんな感じ。

販売用に数を増やそうと思っていくつか作ったんですが、実際出来上がってみるとイマイチ納得いかなかったので、作り直す可能性は大きいです・・・(笑)

いよいよレジン

レジンは本剤と硬化剤を混ぜて作る二液性。

結構割合がシビアなので、1g単位でしっかり量ってあげます。

ここをミスったり横着したりすると、硬化不良を起こして廃棄物を量産します。

一度私もやらかしました。

いくら時間経ってもぶよぶよのべたべた・・・っていう悲しい事態を避けるために、ここは神経使います。

レジン

よーく混ぜて。

そして、こだわりの調色。

色付け

画像ではわかりにくいかもですが、綺麗な色になるんです^^

これもしっかり混ぜます。

そして、気泡を抜いて色ムラをなくすために一度こします。

お茶っぱ用のフィルター?というか、ああいうやつ使います。

こしてるとこ

絵面がまあ地味ですね。

お許しくださいm(__)m

いよいよ、さっき作ったシリコン型に流しいれます。

下から漏れないように工夫するのが、今のところ課題です。

はさんで止めてるやつ、100均の下敷きなんですが、なんかもっとこういいのないかなあと思ってます。

ちょーっと柔くて弱い。

そして流しいれたら、丸一日待ちます。

硬化待ち

まだ柔いですが、一日経つと結構形になります。

加工

成分安定するまでは一週間ほどかかりますが、2~3日経ったら加工始めます。

カッター使って削って形を整えていきます。

この写真撮るの凄い難しかった

狩猟時代くらいの人々が使ってた刃物みたいなイメージでしょうか。

抽象的で名前のない形を目指しました。

切削加工は大体こんな感じ。

削って出てきたやつも、なにかに使えそうではあるけれど・・・と思いつついつもポイします。

物凄く撮れなさそうだったのでやってませんが、革紐通す穴をドリルで空け、バリを削り取り、最後はコーティング剤で艶出しして完了です^^

コーティング剤がこれまた塗るの難しくていつも四苦八苦してます(汗)

気泡入ったりムラになったり・・・

いろいろ道具使い、とっかえひっかえしながら仕上げてます。

最後に

メインの本体ができれば、あとは革紐通してメタルビーズ飾り、各種金具を取り付けて完成です^^

結構ひとつひとつに時間と手間のかかる作業ではありますが、こだわって楽しんで作ってます。

それと、どうしても形の歪なものができてしまったり、ほこりなどの異物が混入したり、色やコーティングにムラが出てしまったり・・・

一から十まで手作りなので、こういったこともないわけではありません。

私もかなり気を遣っているんですが、気づいてないこともありますので、ご了承いただけると嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

今後とも碧いろ工房をよろしくお願いいたします!!

タイトルとURLをコピーしました