最新の動画はこちら→入間銃兎の髪型&服装で駒田航さんのリアル似顔絵描いてみた

制作に込めた想いときっかけ

この記事は約3分で読めます。

皆様こんにちは。
自転車屋さんで働きながら、手作りでレジン&革紐のネックレスを作り、色鉛筆で人物画を描いているオーナーです。

私が制作販売を始めるきっかけになったのは、ファッションに疎く派手嫌いな弟でも、好んで身に着けられるネックレスを作ろうと思ったことでした。

なにせこいつは、まず何と言ってもファッション・・・服にまるで興味がない。
けれど、人に会うときにはダサくない・おかしくない格好はしていたい、という奴。

服は、白・黒・ネイビー・グレーなど無難中の無難な色を、「好きだから・いいと思ったから」ではなく「シンプルで無難だから」という理由で選ぶ。

また、服屋さんを歩き回るときはテンションが低く口数も少ない。
普段の口達者はどこへやら。
嫌いなものは嫌いと言うものの、なかなか「これ良い」とは言わない。
・・・買うもの決まらない。

家族とまわっててこのテンションなのは分からんでもないが、本人曰く友達と服屋さん行ってもこんな調子なんだそう。

――父が魚釣りが好きで、幼い頃から川の渓流までヤマメ釣りに連れて行ってもらうことがよくありました。ヤマメ釣りは、川に入ってポイントを見つけては釣り、上流へ上流へ川の中を歩いていきます。そこそこ体力のいる釣りです。

撮影:私の父

ですが、挙句の果てには
「服屋さんは川釣り上がるより疲れる」
・・・などとのたまふ始末。

それでも、おかしくない格好はしてたいらしいので、髪の毛は一応自分流にセットしてみたり。

でも何が好きでどうしたいのか恐らく自分で分かってないので、「ねえおかしくないよね?」「この色とこの色って合う?」ってよく尋ねてきます。

そんな弟が、ある時「なにかネックレスほしい」って言いだしたんです。

ネックレスは、首にひっかけるだけでそこそこおしゃれしてるように見えるから、気軽に手を出しやすいのだそう。

(※ブレスレットは?って尋ねてみたんですが、「え、逆に難しい。どう使えばいいか分からん」と言われました(笑))

しかも普段から無難な色、シンプルなフォルム・デザインの服を選びがち。ファッション用語では”ノームコア”と呼ぶみたいですね。

たしかにネックレスを着ければ、服も共に引き立ちそう。

そんな弟が身に着けられるようなデザイン・機能性のものを作ろうと思ったのが、レジン制作に本腰を入れるきっかけになりました。

これまでもレジン制作をしたことはあったのですが、安価なものでクオリティもそこそこ。
自分の使うピアスを作ったり、仲よくしてくれた人にストラップあげたり、その程度でした。

弟はシンプルを選び、派手嫌いで落ち着いた印象を好む。

でもちょっとおしゃれしてるように見せたい。

そして普段からアクセサリーなんて身に着けないので、できるだけ丈夫かつ操作しやすい・使いやすいものが良いだろう。

難しいなあと思いながら、弟にリサーチしつつ、試作を繰り返しこだわり抜いて練り上げました。

色やフォルムといったデザインはもちろん、レジンの素材や品質、ネックレス素材、留め具まで、しっかりこだわっています。↓↓

デザイン・機能性へのこだわり

もしかしたら、弟と同じような好みや悩みを持っている方もいらっしゃるかもしれない。

そんな皆さんの力に少しでもなれたらいいなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました