最新の動画はこちら→入間銃兎の髪型&服装で駒田航さんのリアル似顔絵描いてみた

使い方・注意点

この記事は約3分で読めます。

レジンと革紐のネックレスは、丈夫で長持ちする素材ではありますが、弱点もあります。

汗などを自然乾燥させたあと、同梱しております不織布の袋に入れて、日光の当たらない風通しの良い場所で保管しましょう。

理由やお手入れ方法をご紹介します。

レジンストーン

レジンは軽くて丈夫、耐水・耐食・耐薬品・耐候性などに優れますが、紫外線には弱いです。

いずれ劣化して白くなっていきますので、日光のあたるところでの保管はお避け下さい。

革紐

革は、硬くなったりひび割れたり、カビが出てきてしまうトラブルが起こりえます。

使ったあとは、そのまましまわずに自然乾燥させたのち、日光の当たらない風邪通しの良いところで、布の袋に入れて保管しましょう。

変に形がつかないよう、使う時のように広げておくことをおすすめします。

革紐が濡れてしまった場合

布などで水分をふき取り、日陰で自然乾燥させましょう。

すぐに乾かそうと、ドライヤーや日光に当てない方が良いです。

人の皮膚と同じように、水分が乾く時に革の油分も失われ、ひび割れたり硬くなったりする原因になってしまいます。

革紐が汚れてしまった場合

汚れはカビの原因になってしまうので、落としてあげましょう。

水に濡らして固く絞ったタオルでふき取る。

もしくは、台所用洗剤を水でうすめてタオルに含ませ、そのタオルで革をはさみ、優しく押して汚れを含み取ります。

洗ったあとは、水が残らないように乾かしましょう。

ただ、本革はむやみに洗うより、汗や皮脂とともに使う方がコンディション良く使えるようです^^

マグネットクラスプ(留め具)

強力な磁石を使用しています。

ペースメーカー等体内埋め込み型電子医療機器を装着されている方は身に着けないようお願いします。

また、磁力の影響を受けやすいもの・・・例えば、
ブラウン管・ケータイ電話・アナログの時計・磁気製品・磁気カード・磁気テープ・乗車券など

これらには近づけないようにしましょう。

また、高温・多湿には弱いです。

温度は80℃以下で。
汗や水はできるだけつかないようにし、しっかりふき取りましょう。

使い方動画はこちらをご覧ください。

マグネット留め具の使い方

外す時は、ちょっと浮いてる側をおさえて口を開き、引っ張る。

はめる時も、浮いてる側をおさえて口を開き、近づける。

かなり強力な磁石なので、一センチくらいなら引き寄せてくれます。

材質

  • シルバー925
  • 銅合金
  • ネオジム磁石(ニッケルメッキ)
  • ロジュームメッキ

ロジュームはアレルギーの出にくい貴金属です。

シルバーと銅でできた本体をコーティングしているイメージです。

シルバーも銅もアレルギー発症率は低いですが、メッキがはがれると発症する可能性もありますので、自己判断でお願いいたします。

ニッケルに関しては、内側のマグネットに使われているので、割れる等して外に出てこない限りは大丈夫だと思われます。

その他金属パーツ

金属パーツは、全てシルバー925製です。

ストーンの上のビーズ、革紐のエンドパーツ、丸カンですね。

純度の高い銀で、アレルギーの発症率は低いとされています。

ですが、チタンやステンレスほどではないらしいので、不安な方・過去にアレルギー発症経験のある方はご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました