色鉛筆選び

どうも絵楽です^^

 

色鉛筆にも種類がある。皆さんはどうやって選んでいるだろうか。

私が色鉛筆に興味を持ったのは、Youtubeがきっかけだった→創作リアル人物画へのきっかけ

 

はじめはてっきり、画力さえあればどんな色鉛筆でも、あんな風にリアルに描けるもんだと思っていた。

だから私が一番最初に購入したのは、学生や小さい子の文具屋で売ってる、ごく普通の日本製の色鉛筆だ。

 

ところがどっこい。……色が、混ざらない…ww

 

画用紙にはじかれるというか、いや、先にのせた色にはじかれる。これは、色鉛筆の芯が硬く、粒子が大きいからだとのちのち分かった。

 

でも正直どうやって自分の欲しい色鉛筆を探せばよいのか分からなかった。文具屋の店頭にあるものは芯の硬いものばかり。

でもどうしても色鉛筆でリアルな質感の絵を描きたかった私は、またまたYoutubeをあさりまくった。

 

次は、動画よりも概要欄を( ̄▽ ̄)

 

 

調べていくうちに、どうも外国製の色鉛筆というのが主流らしいということにたどり着く。

そして色鉛筆で解説系の動画をあげてる方が、親切にも色鉛筆の種類・色の名前まで詳細に載せてくださっていた。そこではじめに見たのが、Prisma Colorだったというわけだ。

 

Prisma Colorがそうだが、外国製のアーティスト用の色鉛筆は、粒子が細かく芯がやわらかい。確かに削る時に注意しないとよく芯が折れてしまう。それに一本一本お値段が張るのだ。

 

だが、何色も重ねて複雑な混色ができるし、消しゴムである程度消える。

重ねられればそれだけリアルに近い色使いもできる。自分好みの色使いで個性も出せる。

消しゴムで消せれば、色の濃さを調節したり、のちのち消すことを工程に入れて作品を作れる。

また、デザインナイフやカッターナイフなどで一部消す(画用紙にのった芯の粒子だけ削り取る)という作業もできる。これで質感の幅も広がる。

混色したあと白系で塗りつぶせば、これでもまた質感を変えられる。

 

芯の硬い色鉛筆でできなかったことが、たくさんできるようになった。これだけ利点があれば、削る時くらい、もうなんてことない。

 

そういえば、Prisma Colorはもう廃版になってしまったのだろうか。カリスマカラーという新版が出ているらしい。でもまだプリズマカラーが使えるうちは私はそちらでいいかな。

ただ、カリスマカラーは耐光(日光に当たっても色があせにくい)などの効果があるらしい。つまるところ、プリズマカラーにはそれがないということだ。うーーん…換えた方がよいのだろうが…お金に余裕ができてからにしよう()

 

 

えーこほん。

メーカーによって、いろんな特徴の色鉛筆があるらしい。

 

プリズマカラー・カリスマカラーは、アメリカのサンフォードという会社のものだ。比較した方の記事を読んだことがあるが、プリズマカラーは色が濃い、発色がよいのが特徴だそうだ。

Caran d’Ache(カランダッシュ)はスイス製で、パブロとルミナンスという種類がある。ルミナンスは一本400円以上する…高級品。プロ用でしょう。Youtubeでもよく見かける。

パブロはルミナンスよりはお手頃で、店頭で見かけたこともある。カランダッシュという会社の方針が、プロでも子供でも老若男女問わず使える製品づくりをしているという。

ドイツ製のファーバーカステル。これ一本300円。大きな文具専門店だと店頭にばら売りしてあるので、買い足しには困らなそうだ。

オランダのメーカーロイヤルターレンスの、ヴァンゴッホ。

日本製だけど発色がいいのがホルベイン。

 

 

……という知識程度。ごめんなさい。いろんな描き心地・色味を体験して作品に生かしたいので、気になるものはいずれ全部買って試すつもりだ。

 

ただ、調べたらわかるがさすがプロ用ということで、品質も良ければお値段もよろしい。一気に全部を試すことは残念ながらできないので、今はプリズマカラーを使いこなすところからしようと思う。

 

【グレー系・その他】Prisma Color150色解説

このページは、茶・ピンク・黄・赤・紫・赤・緑に分類できなかった色を記載。   具体的にはこちら   Franch Gray  /茶色みを帯びたグレー PC  1068  … 続きを読む 【グレー系・その他】Prisma Color150色解説

コメントなし

【緑系】Prisma Color150色解説

緑系は、わりとはっきりしている色味が多いように感じた。 …つまりは分けやすかったのだ^^青色系と黄色系に分類してみた。   今回分析したのはこちら     PC 909  Gras … 続きを読む 【緑系】Prisma Color150色解説

コメントなし

【青色系】Prisma Color150色解説

青系。そう。ここが種類が一番多かった…水色というジャンルを別途作ればよかったのかもしれないが笑 ただ、水色というジャンルを作ったところで、○○寄り…といううまい表現の仕方が見つからなかったので、青系にまとめさせていただい … 続きを読む 【青色系】Prisma Color150色解説

コメントなし

【紫系】Prisma Color150色解説

ここでは紫色系をチェックだ。 赤系と青系に分類してみた。今回の分析対象はこちらだ     PC 1026  Greted Lavender  /若干青みのある明るい(薄い)紫 PC … 続きを読む 【紫系】Prisma Color150色解説

コメントなし

【赤色系】Prisma Color150色解説

このページは赤色系の解説。 赤色に分類した色はこちら     PC 930  Magenta  /紫寄りの明るい赤 PC 195  Pomegranate  / … 続きを読む 【赤色系】Prisma Color150色解説

コメントなし

【黄色系】Prisma Color150色解説

このページは黄色系の16色分の解説。 今回黄色に分類したのはこちら。   PC 1011  Deco Yellow  /めちゃ明るい黄色。白に近い。 PC 914  Crem&nb … 続きを読む 【黄色系】Prisma Color150色解説

コメントなし

【ピンク系】Prisma Color色解説

さてお次はピンク系と行こう~ 今回ピンクに分けたのはこちら   PC 929  Pink   / 私が思うに一番ベーシックピンク。 PC 939  Peach  … 続きを読む 【ピンク系】Prisma Color色解説

コメントなし

【茶系】Prisma Color 色解説

  やっていくぜ色解説!まずは地味だけど超よく使う、得意分野茶色系の色味から。   人物画を、かっこよく力強いorちょっと野性味ある描き方にするなら茶系は必須。(透明感を求めるなら茶髪でなければ使わな … 続きを読む 【茶系】Prisma Color 色解説

コメントなし

カメラの顔認識の真実

―皆さんはご存じだろうか。   上の画像をよーく見てほしい。黄色い枠が見えるだろう。 たかが面取りの人物画像なのに、 iPhoneで撮影すると顔認識表示が出るのだ。 目の形も、鼻の形もまともに描いていない。 な … 続きを読む カメラの顔認識の真実

コメントなし

顔のつくりと描き方/表情

ここでは、しかめっつらと笑顔に焦点を当てて、表情を作る時の筋肉の動き方を見てみよう~   しかめっつらを作る時は、おでこから鼻につながる筋肉(下図/緑)と、そこから眉につながる筋肉(下図/青)を使う。 &nbs … 続きを読む 顔のつくりと描き方/表情

コメントなし

顔のつくりと描き方/耳

耳も鼻のようにほとんどが軟骨でできており、とても複雑な形をしている。 耳は、外側から三つに分けて見ると分かりやすい。     三色に色分けしているものを見てほしい。   赤で色付けしている部 … 続きを読む 顔のつくりと描き方/耳

コメントなし

顔のつくりと描き方/口

魅力的な表情や雰囲気を出せるのが、口もとだ。 口は、歯以外は骨ではなく筋肉でできている。動けば伸縮して形が変化するが、なにもメタモンのように形を持たないわけではない。 唇は、上下で違う形をしている。   &nb … 続きを読む 顔のつくりと描き方/口

コメントなし

顔のつくりと描き方/鼻

―鼻。 …そう、私が創作リアル人物画を描きたいと思った上で、最も苦戦している(現在進行形)パーツだ。 顔の中心に位置する分、顔の雰囲気がこれで決まってしまう。形は、いくつかの立体を組み合わせたような形をしている。 &nb … 続きを読む 顔のつくりと描き方/鼻

コメントなし

顔のつくりと描き方/目

目は、人間の顔の中で最も注目されるパーツじゃなかろうか。水分におおわれてきらきらしており、表情があらわれる部分。目は口ほどにものをいうとまで言われる。 日本人は特に、目にこだわるらしいですね。絵文字・顔文字までもが世界と … 続きを読む 顔のつくりと描き方/目

コメントなし

美人に条件?

みなさん、美人の条件というものをご存じだろうか。ちなみに美人というのは、このサイトでは男女両方を指す。   好みのタイプがあるのだから、一概に美人なんて決められないじゃないか!と思ったそこのあなた。 &nbsp … 続きを読む 美人に条件?

コメントなし

創作リアル人物画へのきっかけ

☆私絵楽の原点誕生物語

これは絵楽という活動ネームが誕生するちょっと前のお話。

 

――それは私が高校三年生になる年在りし日の冬。
私の通っていた高校はとあるピンチに直面していた。

……次の運動会の、パネルの担当がいない。

 

パネルとは、各団一つずつ制作されるもので、
その時話題になった有名人を描く。
出来上がったパネルは運動会当日に団席の後部に設置される。

四団あるのでパネルは四つ。パネル一つで3M×5Mくらい?ある。
板を10枚つなげて作るのだが、最終サイズはとにかくでかい。

 

例年ならば、美術部が担当する(私は習い事やってたから帰宅部だった)。
だが今年は美術部が全員卒業してしまい誰もいない…
そこで駆り出されたのが漫画研究同好会だ。

が、彼女らもまた一~二人しかおらず、
周りで仲の良かった美術選択者数人が手伝うことに。

 

そこに、私がいた( ̄▽ ̄)

 

絵を描くのは苦手ではない。
むしろ好きだったし、習ってもいないのに
よくわかんないけど受賞したこともある。

小学生の時に読書感想画が一回と…中学の時に先生が勝手に出品してたり。
中一の時にしかなかった写生大会はなぜか特選。
とはいっても特選も5人とかいたんだっけな。
詳しいことはあまり覚えてない。

 

パネル、人手が足りないならばしょうがない手伝うさと(謎の上から目線)、
人物画なんて真剣に描いたこともないのに手伝いを決めた。

 

このときまで人物画なんて描こうとも思わなかった。
美術や図画工作の授業時間、空とか植物とかを、
絵の具で描くのが好きだった。
自分の好きなクリアな青に、乾いた白の絵具で雲をのせていくのが特に。

 

でも周りの絵が上手いと言われてた子は、漫画絵が上手だった。
かわいい顔の女の子に、かわいいミニスカートはかせて、ウィンクしてるような。

でも私は、割と幼い頃から習い事を詰め込んでいたので
漫画やアニメを鑑賞する習慣がなかったせいか、
そういう絵はまるで描けなかった。

でも、だからって別に、みんなに褒められるような
かわいい漫画絵を描けるようになりたいとは
微塵も思わなかった。

小学校中学年頃から、みんなと違うことをしてたい、
みんなができないようなことができていたいと思うような子だった(生意気)。

かといって、写実的な絵なんて描けるわけないと心のどこかで思っていて、
人物を描こうなんて思わなかった。
人の顔を描くのは、むしろ苦手だった。

 

 

でも大仕事として初めて、いざ人物画を描くってなったら。
そりゃあ一生懸命やらずにいられるもんですか。
写実的に描いてる似顔絵とか、描き方を探した。
やるならとことんやりたかったから。

 

…するとどうだろう。
世界には、こんな表現技術を持った人たちが存在するのかと思った。

もう写真にしか見えなかった。

これ鉛筆!?これ色鉛筆!?とか言いながらYoutubeとか画像検索して見てた。
衝撃だった。何度も何度も見て感激してた。

 

 

でもとりあえずこの時は、ここまで描けずとも
なんとか似せてパネルを仕上げられればと思った。

初めて触れる人物画で、でっかいパネルの作成は思った以上に大変で…
そしてこの上なく楽しくやりがいがあった。

似顔絵の参考にする写真を選び、配置を決め、
顔のパーツを測り何倍にと計算してから、下描きをする。
ワイシャツとネクタイの参考がほしいと、学年主任の先生にお願いして
ポーズをとってもらい撮影したりもした。
わ~なっつかしい(´▽`)

 

初めて本格的に写実的な人物画を描いた(結果そこまでリアルでもないんだけどw)。
ものすごく大変だったし、運動会に間に合うか間に合わないかの期間との勝負もあった。

雨の日はペンキが乾かない外で作業できないなどと、
抗えない力に阻まれたりもした。

…鳥の糞が降ってきたりとかね。
あれはほんっっと最悪。

 

入学後2か月という短期間で不登校のち保健室登校という
生活が続いていた私だったけど、
この時は春休みだろうが学校に行ってた。
この数か月が、高校生活3年間の中で一番楽しかった。

※そう言えば、その前の年の文化祭の時も絵を描いた。
酒瓶の並んでる棚の絵(模造紙サイズ二枚)と、ポスター用のどくろの絵。
私のどん底高校生活で、楽しかったのはいつも絵を描いていた時だった(笑。

 

 

運動会(=パネル制作)が終わっても、私の似顔絵フィーバーは終わらなかった。
…いや、むしろ加速していった。

鉛筆と紙さえあれば絵なんてどこでも描ける。
学校にいれば絶対机の上にある。ニヤリ✧

 

んのこっちゃさっぱりの数学の授業・英語の授業は
絵を描く絶好のチャンスだった。
倫理の授業なんて偉人の顔の像とか教科書に載ってるから、
それ見ながらひたっすらノートに似顔絵描いてた。

一番いいのはテスト中。真剣に問題問いてる風して
思いっきりお目目とか描いてた( ̄▽ ̄)
数学ⅡBなんて問題に目を通したら一瞬で終わるじゃん?
わかんなすぎてとばしまくってさ(おめえだけだよ授業出てねぇからなw)

高校を卒業する時には、お世話になった先生数人分の似顔絵を
アクリル絵の具で描いて、メッセージカードにした。

 

こうしてちょっとずつ描くうちに、私もあのYoutubeにでてきた
絵くらいリアルに描きたいと思うようになった。
あの動画のように、色鉛筆で。

 

でも、同時にこうも思った。
…誰かがやってることを、後ろから追いかけたくない。

小学生の時から抱いていた、
「違うことしてたい欲求」の延長線だった。

 

先駆者がいるのだし、上をみればとことん上はいる。
写実性を求めて、写真のようなリアルな絵を求めて
日々絵を描いている人は、探してみればごまんといる。

それに、同じ土俵の上に立てるとも思えない。
才能を備え、努力を惜しまず時間を重ねてきた人に
学もないぽっと出の凡人が、同じラインでものを語ろうなんて
おこがましいにもほどがある。

 

…じゃあ私は、写真を模写するのではなく、リアルな創作人物画を描こう。

まだ似顔絵もろくに描けない、
色鉛筆すらも手に入れてない時点で、
私はこんなことを考えた。

 

これが、今の私の活動の原点である。

 

 

高校卒業後しばらくして色鉛筆を手に入れ、画用紙も選んだ。
実際描いてみると、さまざまな問題が発生した。

私は立体の理解ができていない。
想像力に乏しい。色鉛筆の色を理解していない。
選び方が下手で色を活かせていない。
混色が下手。遠近や距離感がわかっていない…。

まず、人間描いたつもりでもなんか人間じゃないっていう。
(・・・私が言いたいことは、初期の絵を見れば一瞬で分かるけど、
恥ずかしすぎるから切り刻んでなかったことにしますw)

人物デッサンとかもしたことないし、
色鉛筆なんて小学生の遊び道具だと思っていたから、
当たり前といえば当たり前なのだが。

 

昔から私は自分の出来に厳しい上に(眼高手低)、諦めが悪い。
一度できるようになりたいと思ったことは、
いつまででもチャレンジし続ける。
(カラオケで気持ちよく歌うために、発声をかれこれ6年くらい自力で練習しているwとか)

上達の方法を考えるのも好きだ。
中学の頃は、半分意地だが塾に行かずに、
県内でも有名公立高校に合格した(田舎なのでネ)。

 

ということで、私は私の目指す絵を描けるようになるために、
自分の方法で研究をすることにした。
上記のように私は、自分の出来に厳しい上に諦めが悪く、
私だからできると調子に乗るタイプである(←増えてる)。

その性格を活かしつつ(記事にはなんの関係もないけど)、
色鉛筆創作リアル人物画を描けるために必要なことを洗い出し、
研究し、自分なりの記事を書いていけたらと思う。

 

高校の運動会(=パネル制作)が済んだとて、
似顔絵フィーバーが済んだとて、
私の人物画制作物語は終わりを迎えていない。

 

P.S.

初めてこの記事を書いてからおよそ一年。
2020年6月4日。弟20歳の誕生日。

ここ数週間でようやく、人間という立体を描けるようになってきた。

色や質感、画材の研究などまだまだ伸びしろは大きいが、
約4年ほど夢見ていた企画をようやく
実行にうつせる日も遠くないかもしれないと思うと
とってもわくわくしながら練習を重ねている。

・・・コロナの影響かバイトのシフトに
なかなか入れてもらえず、懐が寂しいのは置いておいて(余計)。

 

絵楽(えら)のひととなり

はじめましてm(_ _)m
絵楽と書いてえら(ella)と申します^^

この名前は絵を描く時・オリジナルデザインをするときの活動名として使っています。本名は黒川です。

…ちなみに由来は、絵という文字が当てられて日本人にあまりいなさそうな名前を求めた結果、
Cinderellaの主人公ellaちゃんから取ることに。
(特にシンデレラにあやかったわけではないです笑)

 

絵は独学です。特に習ったわけでも学校に通ったわけでもありません。
社会的な肩書としてはフリーターです。
今は自転車屋さんでアルバイトしながら絵を描き、制作過程動画を撮って編集・投稿しています。

オリジナルデザインのネットショップを持っていたんですが、コロナ禍で在庫が安定しなかった上にデザインのテイストを変えたくて、今は閉店ガラガラです。

 

絵…特に人物画を描くことに影響されたのは高校3年の頃でした。
創作リアル人物画へのきっかけ

自分で描きたい絵を描いたり、上手く描けるように模索したり、
というのを始めたのは20歳くらいだったと思います。

で、試しにネットショップに手を出したのが21歳、オリジナルデザインに移り変わったのが22歳の頃かな。

 

もともと私は、自分の絵で生きていこうなんて思っていたわけではありませんでした。

中学の頃までは、どんな習い事よりも勉強している方が好きで、成績もそこそこ良く(数学だけはどーーもだめですがw)、
高校行って大学行ってどっか就職するのかなあなんてぼんやりと思っていました。

高校は、地元では有名な進学校に受かりました。
まあ、受かったはいいんだけど。

 

完璧主義なのか見栄を張ったのか、
とにかく忙しい上に慣れない状況の中、勉強なり習い事なりでかなり無理をしてしまい、入学後2か月程度であっけなく体を壊しました。

自律神経系をやっちゃったみたいで、不眠とか起立性低血圧とか。

ちなみに今も引きずっています。
まあ、生活習慣病の延長みたいなもんで、元はといえば私の自己管理不足なのですが( ̄▽ ̄)

 

体を壊してから、高校の方は不登校みたいな状況が続いて、一時期は通信制への転校も考えました。

けれど担任の先生がよく面倒をみてくださって保健室登校も許可していただき、
なんとか卒業にはこぎつけました。

…卒業だけは。

 

でも普通科だから。
進学校行って大学行かなかったら、
なんのための進学校だよって感じでしょう笑

 

(今思うとこの時期って結構精神的にきてたみたいで、この先の字面見ると、わあ病んでんなあって思うのですが…)

自分の将来に関しては、もう正直言って絶望でした。
目の前真っ暗ってこのことだなって思ってました。

学なんて行けない。
学力的にもそうだし、こんな状態に鞭打ってまで勉強したいこともありませんでした。

何より、浪人したところで進学できるほど勉強する体力があるのか。
はたまた進学したところで、卒業まで通えるのか。

就職もそうそうできません。なんの資格もないですから。
それに不眠×低血圧のコンボで、寝れない起きれない。
入社できたとして、AM9:00出社とか厳しすぎる…

 

身近な人は私の将来を心配して言いました。
大学行ったら?就職したら?資格の勉強したら?って。

 

……いやいやいや、できねんだってば(;゚Д゚)って思ってました。
できてんならやってらあ。

勉強くらいなら、やろうと思えばどんな体調でも精神状態でもできるさ。勉強すること自体は楽しいのだから。

でも、実際それが役に立つのって、誰かに使ってもらう時だろう?
誰かに使ってもらう時って、その誰かが活動している時間じゃないとできないじゃんか。

 

その時間に体調を合わせることが難しい人間に、なに言ってるのさ。

 

起立性低血圧で朝起きれない。
…別に、朝だらけたいから寝てるんじゃない。
無理やり起こされても、頭痛い気分悪い。吐き気もして朝ご飯なんて食べられない。時間に関係なく、立ちくらみはする。

夜だって、眠りたいのに勝手に目が冴えて、布団の中で苦しい時間を過ごす。
みんなにとってお布団はいつだって天国でも、不眠の人間にとっては寝れない時間を過ごす牢獄だ。

 

このままじゃ一人で生きていけない。
世間的に見て立派な道を進んだ友人や知り合いを引き合いにだされる。
おまけに弟は同じ高校から県外の有名私立大に受かった。

…だからなに。私はどうすればいいの。と、周りの言葉に焦らされるばかり。

こんなに苦しい思いまでして、
生きていく意味なんか私にあるのか、とさえ思ったことも一時はありました。

フグの内臓って、致死性あるくらい猛毒っていいます。
小さいクサフグ程度なら、防波堤とか汽水域の川で割と簡単に釣れるものです。
体を傷つけなくても、死ぬ術なんて
その辺に転がってるじゃん、って思ったりもしました。

 

でもある時、私の心を入れ替える考え方に出会ったんです。

 

――人間の魂は、得るべき成長を得るために、そして積むべき徳を積むために、この世に修行しに来ているのだという。

でも自殺して途中で修行を投げ出せば、また別の人生に生まれ変わって一からやり直しなんだと。
そうなれば、生まれてから今まで少なからず得てきた成長、積んできた徳がリセットされる。

 

一見オカルト的で、信じない人は信じないかもしれません。
でも私には効果てき面でした( ̄▽ ̄)

 

えええ最初からやり直しとかぜっっったい嫌だ……!!
せっかくどん底高校生活を切り抜けてきたのに……!!
もう一回とかそれこそ嫌だ……!!

って、本気で思いました。

…なるほど。私には生き続ける道しか残ってないのか。
乗り越えてきた苦しみまで初めからになるなら、生きてやるさしょうがない。

そして、これを乗り越えることが、私の魂のメイン修行…
one of the人生最大の試練なのだろう?と考えました。

 

こうなったら、好きなことやって生きていこうと思いました。
むしろこうなったからこそできることをしようと。
…そう思えた時、自分の心の中で、
ようやくなにかつかえがとれたような気がしました。

順調に勉強してたら、絶対に
絵を描いて生きていこうなんて思いませんでした。
それこそ大学行って就職して、
世間の言う安定した王道を通ったであろうと思います。

 

そう考えると、体壊したところから運命のお導きか…なんて思えるようにまでなりました( ̄▽ ̄)

 

別に、大学行ってもしくは資格を取って就職し、会社勤めを老体になるまで続けることだけが、人間の生き方じゃありません。

誰かを自分の力で喜ばせられるなら、それで生きていけるなら、
そしてそれが私の好きなことであるならば…。
こんなに幸せな生き方はないんじゃないだろうかと思います。

それに、昔から私は誰かの喜ぶ顔を見るのが好きでした。
喜ぶ顔を想像しながらプレゼントを選んだり、友人の好きな有名人の似顔絵を描いたり。
喜ぶのを通り越してびっくりしてくれたなら、それはもう心の底から嬉しいことでした。


それに、自分のことは自分しか大事にしてやれません。
自分の理想は自分にしか叶えられません。
…そう考えた時、やっぱり自分のやりたいことを選んで生きていくのを目指すのは、決して間違いではないと思いました。

 

椎名林檎さんの歌に「獣行く細道」というのがあります。
最後の歌詞は、「誰も通れぬほど狭き道を行け」。

誰も通れぬ、とまでは言いませんが、多くの人が進んで通ろうとしない…もしくはまだ通った人がいない道を作って、進んでみる。

自分のやり方で、自分の理想とするものを追い求め、それが結果的に誰かの心に少しでも届いたら…
それ以上に幸せなことってない気がします。

それを目標に活動できたらいいななんて思います。

ネットが普及し、だれでも発信できる今の時代、誰にでもそういったチャンスはあるのではないでしょうか。

 

のこれから描いていく絵を、世界観を、ぜひ楽しんでいただけたらなと思います。

誰かがどこかで、私の描いたものを見て、何かしら心を動かされてくれる…
そんな情景を夢見て、今日も私は絵を描きます。
(現実的に言えば、ただバイト行っただけの日もあると思うけど笑)

 

というわけで!私絵楽に、少しでも興味をもっていただき、ありがたい限りです。

活動のvisionとしては、私の描いた絵やその制作過程を投稿していきます。

是非お楽しみにしていただけると嬉しいです^^

 

SNSなんかも是非覗いてみていただければ(´▽`)
では!